スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錯覚いけないよく見るよろし

皆様お久しぶりです。

久しぶりなのに恐縮ですが、今日は小ネタでお許しください。
まず表題の言葉なのですが、これは将棋に由来しています。
詳しくはググって頂くとして、要するにポカをやった後にいった言葉だということだけ分かっていればいいです。

~先日予選会に向けて友人と調整していた時の風景~

私「時計デッキにベリアル入れると禁呪枠が足りないよ。」

友人「じゃあタスヴィーリーはどうですか?持ってないなら貸しますよ。」

私(心の中)(タスヴィーリー?・・禁呪無いのは良いけど4枚もユニットたまるのか?)

私「いや、今回はベリアルでやってみるよ。」


・・その後債権の担保としてタスヴィーリーを借り受け、タスヴィーリー型の時計を試運転中・・


私「ここでタスヴィーリーの特殊移動が出来れば強いけどね。」

友人「出来るじゃないですか。墓地に8枚くらいカードありますね。」

私「何を言ってるの。ユニットは3枚しか・・。」

友人「・・・タスヴィーリーは墓地のカードを4枚ですけど?」


アッチョンブリケ。


シュナイダーがユニットだったからタスヴィーリーもユニット指定だと思ったんだよ(泣)

皆様も勝手な思い込みには注意しましょう。


追伸、カードを借りるということに抵抗があったのもあるんだけどね。


スポンサーサイト
コメント

No title

それでもまあベリアルと比較して8000パワーと6500パワーの違いとか、破壊できるのが6コスまでと7コスまでの違いなどありますが
デッキ枠、禁呪枠的に考えると総合的にはタスヴィーリーの方が上かなあと思います。
しかしそこに誤認があるとは思わなかったw

まあ今回は担保ということで><

返信

使われてる頻度も圧倒的に違ってましたねw
禁呪枠が大きすぎるよ!よ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。