スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年振りの大会

今日の記事は大会レポと、その後観戦した別のカードゲームの大会に関する愚痴感想でございますw


まずはレポートから。

但し今回はメモを取ってないので、3戦まとめ書きでいきます。

ちなみに参加人数は8人で、スイス式3回戦。
1戦目の相手は青黒スカイロード。ハンデスしたかったけど相手のドローブーストが早いよOTL
こっちはコールドクロックが来ないので、墓地も肥やせない・・。
まあ普通にキャラゲーで負けました。

2戦目は青黒サキュバス。合成ストラテが見えたので、メローカードを置いて牽制。
コールドクロックで墓地を肥やし、アイスクロック登場。
共鳴ハンデスも上手く決まり、タスヴィーリー無双でそのまま勝利。

3戦目は赤黒エキドナ。とりあえず墓地除外が激しいので、明日から本気出すを手札に抱えて待機。
エキドナプレイにスタックして発動し、後にアイスクロックも登場。
・・・とここまで書けばなんか勝ちそうですが、結局引き分け。


それではレシピの方に行きましょうか。

~懐かしい共鳴~青黒時計中速ビート

白骨時計ボーンスマイル3
調整体ノゼ2
ケットシー3 禁呪1
声をひそめる人形レイラ3
メローカード3
幽魔タスヴィーリー2

暗黒の衝撃1 禁呪1
願いはひとつ1
明日から本気出す1 禁呪1
破滅の刻印2 禁呪2
天使たちの戸惑い2 


電脳世界の冒険3

海底都市中央銀行3

(青黒)
震えるときのコールドクロック3
封じる時のフリーズクロック3
凍える時のアイスクロック3

時空侵食2



前にも書きましたが、時計デッキはハードラックのスタン落ちをどう補うかが課題になります。
特に痛いのが、対ビート性能の低下。
ぶっちゃけ時計デッキでビートに勝てなかったら、何にも勝てない可能性が高いのですよ。

そこで今回はケットシーを採用し、低コストユニットへの耐性を強めてみました。
また当初は評価していなかったノゼですが、使ってみるとなかなか強いので採用。
一応この5枚でハードラックの分のパワーを補いました。

次に問題なのが、ハンデス。
昔なら迷わず呪われた館なのですが、貼れないデッキが多そうかなと断念。
そこでなつかしの共鳴を採用。そしてそれに伴い、電脳世界の冒険を採用し、サーチし易くしました。
電脳世界の冒険はサーチ機能も強いですが、不運の始まりに対しデッキシャッフルで無効化できるのも強力でした。
ただ最近の青のドローは想像以上で、正直2枚では足りないかな・・。
館に戻すのもありかもね。

除去に関しては兎に角ガン積みしました。ただ3~4コスト域が少し除去しづらく感じたので、レイラを採用したわけですが実際にはエネに行くことが殆ど・・。
代わりに衝撃入れた方が良かったかな・・。



まあこんな感じです。やっぱり大会は楽しいですね。また本格的に復帰したいと思いますので、是非お願いします。

後今回持って言ったフリプレ用のデッキももう少し煮詰めますかね~。


追伸、その後に観戦した別のカードゲームの大会が微妙だった・・。


ここからはその愚痴なんですけど、まず気に入らなかったのは環境が同じデッキばっかりなこと。半数近くが同じデッキって少し自重しようよw

次に気になったのがプレイヤーの質。例えばとあるカードは手札コストが必要なのに、それを支払わないでプレイ続行。忘れてたのかもしれないけど、そこは後からでも払おうよ。
まあ気づかなかった相手(まあ身内なんですが)も悪いけど、なんつーかD0なら結構自己申告して行うイメージがあるので、ちょっと気になりました。

他のカードやると、余計にD0の楽しさが分かりますね。
まあそのカードゲームもそれなりには楽しいのですが・・。


スポンサーサイト
コメント

No title

お疲れ様でした。
自分はなんというか交通事故+知識不足が祟った感じでした。
サードのカードが全然分からない・・・ということでサードが落ちてから本気だすということでw

もうひとつの大会の方はまあ自分が出るかと言われるとちょっと遠慮する感じですねw
まあいろいろ勉強になった点もあるのでよかったです。
汚い時間の使い方とか。

>返信

サードはすでにパワー不足が否めない感があるけど・・。
まあ練習相手が時計しか使わないのでサーセンw

霊のデッキはちゃんと3回マッチする型もあるそうですよw

まあ僕は一度ぐらいなら出てみたいなと思いましたが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。