スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチュリー大戦デッキレシピ~3rd編~(青黒時計)

センチュリー大戦で使用したデッキレシピです。

使い慣れたデッキが一番~青黒共鳴時計~


白骨時計ボーンスマイル3
怨念の魔煙グラッジ3
拒絶時計アンタッチャブル2
メローカード3
用心棒ラルフ3

鏡像の魔城3

願いはひとつ2
天使たちの戸惑い2
恐怖政治3
 


薬剤商人フェザントレイ2

電脳世界の冒険3



震える時のコールドクロック3
封じる時のフリーズクロック3
凍える時のアイスクロック3
無限凍結2



毎度お約束の時計デッキです。
思えばこのデッキとは長い付き合いになるわけで。
しかもD0のモチベーションが一番高かった時期に使っていたデッキなんで、愛着が違いました。
今回使ってて一番楽しいデッキでした。

さて、当時は降魔拳士シュナイダーや悪運時計ハードラックなど、攻防の強カードが入れられましたが、今回はセンチュリー限定なんで不可能。
そこでグラッジなど共鳴要素を大量に投入し、パワーダウンを回避しました。

電脳世界の冒険は、かなり好きなストラテジーです。これがあるだけで共鳴のストラテジーは回し放題なので、必要な時にハンデスや除去が撃てるからです。

成績は3-1。負けたのはV限定赤単。そりゃグラッジも来なくて、アイスクロックがマキリで焼かれては無理ゲーだって。
ラッパビートにグラッジ無双で勝ったのは嬉しかったですね。数年前の環境を思い出して懐かしく思いました。

ま、融解とか墓地焼きとか無理な相手も多いけどな!



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。