スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアートライアル新潟・東北の結果への感想

どうも、まずはここを見てください。

ツアートライアル新潟・東北が終わりました。参加された方々はお疲れ様でした。

で、今回の上位者のデッキを見ると、前までの赤緑一色から、コントロール、ヘルビート、ラルフ、カエル、エビなどの復権が目立ちましたねww

・・・・・・あれ?私の大好きな時計デッキは?

おそらく残らなかったのは、たまたまだろ、と偶然で片付けてもいいのですが、少し理由を考えて見ましょう。とりあえず「他のデッキに食われた」と仮定して、考察してみましょう。

では早速、時計コンの特徴です。

・合成に強い(無限凍結やバドソ)
・パンプとハンデスに長けている(スクリームハイ・館・ジエンド・フリーズクロック)
・除去はユニット主体(アンタッチャブル・ハードラック・ボーンスマイル)


特に2,3番目に注目して欲しい。
基本的にアンタッチャブルが出てきて多少はマシになったけど、時計コンは敵陣に眠るユニットを倒すのは苦手です。
ハンデスもジエンドの効果を発揮するために、通常枚数を優先し、失恋等の「選んでハンデス」ではないことが多いです。・・従って、まず、今回2位に入ったラルフデッキはどちらかというと苦手な部類に入ります。墓地も焼けないですし。

そして、今の時計コンはハンデスを優先しており、ドローサポートは弱いのが現状です。アイスクロック合成が決まらないと手札はかなり寂しくなる。
よってリリースインを含むデッキ、今回ならば青赤ドラゴンのようなタイプはあまり得意ではないといえるでしょう。・・もっとも、ハンデスしまくって、パンプアップが決まれば負けないんですけどね。相手の除去は火力だし。

他にもパンプアップをものともしない確定除去も嫌い。そういう意味では赤黒ドラゴンにも相性的には悪そうな感がありますね。

後、これは会場行ってないから全然分からないんですが、もしかしてお得意様にしていた赤緑が少なかった、というのもあるかもしれませんね。実際赤緑が流行った2大会では、形は違えど時計デッキは入賞していたわけだし。


でもなあ・・ヘルビートには相性がいいはずなんだけどなあ・・。


そういえば赤緑ゲルボックルも居ませんね。・・・そうか、今回の環境が激変した理由が分かったぞ!

参加人数が少なかったからだ!!!!!(ォィ

参加人数40人。東北新幹線が運行休止という不運なアクシデントもあってこうなったわけですが・・人数が少なければ、全体のメタなんてわかんないよね、うん。それに関東の遠征組も会場にいけなかったらしいし。

てなわけで、次の北海道だか九州だかでは参加人数が100人近く行くことを期待しておりますww


追伸、本気にしないでねwww



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。