スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警戒多すぎだなw

どうも、いつの間にかアクセス数が2000を超えてて嬉しいオクタヴィアヌスです。

今回は今日発表された警戒カードについて考えてみたいと思います。
・ニトロ・カタパルト(II-2 No.019)
・サイレント・マジョリティ(II-4 No.079)
・エックスデイ・ドラゴン(III-1 No.018)
・精霊の迷い家(III-1 No.140)
・ファンシーカット・ムーンストーン(III-1 No.197)
・カタストロフ・ドラゴン(III-4 No.010)


が今回の警戒カードです。
早速1枚ずつ見て行きます。

・ニトロカタパルト

2コスで3スマを叩き出せる上、代用カード(生命の焔や怒りの鉄拳)があるので、制限は仕方ないかも。赤緑デッキのキーカードとして実績も残してますし・・。
けれど、オールスター赤竜に2枚入ってるし、そもそも赤緑ビート自体初心者でも作り易いデッキだから、初心者参入という意味では制限にしない方がいいと思うけどなあ~

・サイレントマジョリティ

私の願望として述べるなら、制限、いやもう禁止でも良いわ。
なんたって青黒時計の大敵ですからねえ・・。
という私情を抜きにしても、プランジャーというデッキ回復手段を喪った今制限にしても十分だとは思う。
それにね、コントロール対決になったときにマジョリティ撃ったほうが勝ちと言うのも気に入らないな。

・エックスディドラゴン

正直制限にする意味があまり良く分からないです。確かにドラゴンコントロールは流行ったけど、これなくなるとウィニーの天下になるわけですが。というかまたラッパドリアードの天下に戻したいのかと。

・精霊の迷い家

正直今回の中で一番制限にして欲しいカード。理由は主に2点。
1つ目はスカラベとのコンビで1コス2500という破格のパンプが強力な上に、今弾から悪戯をするフェアリーのせいでそれが容易になっていること。
2つ目はビートダウンデッキにおけるベースの選択肢を減らしていること(ゲルボックルやフェアボックルにも使われたことを想像してください)

・ファンシーカット・ムーンストーン

フェアボックルは嫌いだから別に良いよ(ォィ
というのは冗談で、これも理由が分からないカード。流行るのは分かるけど、だったらシュシュを再録させなければ良かったという話で。また、マキリ達のようにシュシュを成長させて、効果を変える手もあっただろうに・・。
まあね、バドソが消えて合成が止めにくくなってるから強力ではあるだろうけど・・。

・カタストロフドラゴン

今回最強に理解できなかったカード。これのおかげで何か強力なコンボでもあったのだろうか。
1;2交換といっても、8コスやしパワー7000やしねえ・・。ベースを焼けるというのは強いけど、にしてもなあ・・。


という感じですね。

・・ありえないだろうけど、これ全部制限されたら、現在のメタが壊滅するな・・。そんなに既存のデッキを潰したいのかと・・。
さてさて、日本選手権後はどうなっているのやら・・・。


追伸、屋敷復活しないかな~
スポンサーサイト
コメント

コメントありがとうございました

こんばんは、是非相互リンクお願いします。
実はこのブログを見るのは初めてではなかったりしますw

それでは、宜しくお願いします~。

返信

早速ですがリンクを追加しました。
これからも変わらぬご愛顧の方、よろしくお願いいたしますww
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。